ジム継続のヒント

前回に引き続きジムの話です。

今でこそ熱心にジムに通っている私ですが、最初から熱心だったわ訳ではありません。

数年前、、、、、、

「最近ちょつとしたことで腰が痛くなるなぁ~、、心なしかお腹も出てきてるし、普段座りっぱなしだし、、、よし! いっちょジムでも行くか、、」

と、こんな安易な思考でジムの扉を叩いたのでした。

手続きが終わり、最初は、コーチがついてマシンの使い方やトレーニングの仕方などの指導を受けました。

コーチ 「笹原さん、それじゃ、この重さで10回やってみましょう。重量軽いので大丈夫です    ですよ。」

私    「あっ、は、はい。1回、2回~~~な、なな7回~~は、は、、もう無理っす、、」

コーチ 「はじめはそんなもんですょ、頑張りましょう。はっはっは~」

私   「そ、そうですか、、」(結構きついじゃん、、)

と、こんな感じでスタートしたのですがハッキリ言って舐めてました。ちゃんとコーチの決めたトレーニングスケジュールどうりでやると、かなり大変なのです!

ですから案の定サボりました。

ジムには行くのですが、そのままジム内の風呂、またはサウナへ直行便です。(笑)

そんなことを1か月位続けてたある日。コーチに見つかりました。

コーチ  「あれっ、笹原さん、風呂ですか? トレーニングしないともったいないですよ」

私    「はっ、はい、、」

こんな事があり渋々トレーニングやりました。私がジムにいくのは主に平日日中なので、ガラガラなのです。恐らくコーチも暇だったのでしょう。私がいくとトレーニングを指導してくれるようになりました。最初は(だりー)などと思っいてのですが

コーチ 「腕の角度はこう、肩甲骨は寄せて!」「そう、フォームはいいですよ」

などアドバイスを受けているうちにだんだん面白くなっていきました。少しずつ体が変わってくることを実感できました。

そのコーチも後ほど退職していきました。

ただそのコーチのアドバイスがなれればトレーニングはやっていないと思います。

感謝感謝です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする