ミステリー小説

こんなミステリーを読みました。

「サナキの森」彩藤アザミ

なんでも第一回新潮ミステリー大賞だそうです。

気合い入れて読みました。なんだか「大賞」と言う冠があると

読む前から期待値が上がってしまいます。これってなんだか作者さん

可哀想な気がしますよね。このことと全然次元が違うのですが演奏も似てます。

小さいことですが、この前の発表会で講師演奏として何曲か弾いたのですが、

「先生だから完璧にひくでしょう」

「ミスって、ありえないっしょ!」

みたいな心の声が聞こえてきて不安になりました。笑

「先生だって間違えることもある!」と声を大にして叫びたい気分になりました。

これってアーティストやアスリートのひとが、常にしょっている重しのような

物だと思います。私も一流の人の演奏会やライブで「えっ!」と思ったことも結構あります。

人間だから「常に完璧な演奏」と言うのは難しい、いや無理だと思います。ただ

人は練習して進化していく過程の方が大事だと思います。

演奏の結果はそれについていくはずです。

本の話からかなりそれましたが、「サナキの森」彩藤アザミ

面白かったです。Amazonのコメントでかなりきついこと書かれていましたが

好みの問題でしょう。

私は有意義な時間をこの本からもらいました。

また次回

Pexels / Pixabay

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする